外来案内

TOP > 外来案内 > 各種手術

各種手術

中絶手術

やむをえない理由で産むことができない方は、診察・相談の上、中絶手術が可能です。

当院での中絶手術

  • 診察はパートナーの同伴が可能です。
    患者様ご本人のご希望があれば一緒に説明を聞くこともできます。
  • 初診当日の手術はできません。まず診察をして医師と相談をしてから中絶手術を決めてご予約ください。
  • 緊急時に対応できるよう、医師・看護師・パラメディカルなど3名のスタッフで手術に入ります。安全に全身麻酔を行いながら手術します。
  • 次回以降の妊娠の妨げにならないように子宮機能を温存した手術を行い、手術2週間後の診察(手術料金に含まれる)で子宮の回復を確認します。

手術方法

  • 妊娠初期(11週まで) *午前、午後の日帰り手術*
    診察(問診・内診にて超音波検査・説明・感染症検査)
      ↓
    手術当日(午前の手術の場合)
    手術を安全に行うために、子宮頸管を小さな棒を用いて拡張します。この処置は前日もしくは当日の朝に行います。
    手術前日の22時を過ぎたら、飲食を一切しないようにご注意ください。 全身麻酔を行い、眠っている間に手術を行います。手術終了後は覚醒します。個人差がありますが、ほとんどの方が1~2時間ほど休んでお帰りになります。
  • 妊娠中期(12週~21週)*母体に負担がかかる週数のため、入院が必要な手術*
    診察(問診・内診・超音波検査・説明・感染症検査)
      ↓
    手術当日
    子宮口を広げる処置をいたします。その後、子宮収縮と子宮頸部が開きやすくなるお薬を使用いたします。子宮収縮により子宮内容物が排出されるまで、お薬を使用します。
    大きい週数の場合は、排出するまで時間がかかることが多いため、入院期間が数日間に及ぶ場合があります。

※中絶手術は、終わればもと通りというわけではありません。不完全な処置などを受けてしまうと将来、不妊症・不育症などになってしまうこともあります。妊娠初期・中期どちらであっても、大切なことは今回の処置が後遺症など残さずに、将来の妊娠の妨げになってはいけないということです。当院では妊娠・出産のサポートすることを誇りにしておりますので、母体を守る、未来を見据えた処置を行っております。

診察予約

午後の産科初診枠でご予約ください。(手術は別日になります。)

水子供養

12週以降の中絶手術は区役所への届け出が必要です。
ご自身でされる方法、業者に依頼する方法がありますので入院前に説明します。 業者に依頼する場合は入院中に院内で直接業者と手続きをします。(費用別途 6~10万円)

QA

  • 痛みはありますか?
    妊娠初期の手術の場合は、麻酔を行いますので、眠っている間に手術が終わります。
    妊娠中期の場合は、長時間に及ぶため全身麻酔は行いませんが、痛み止めを使用することはあります。
  • 手術後に痛くなることはありますか?その時はどうすればいいですか?
    子宮が元に戻ろうとする作用で、収縮痛が起こることがあります。当院で手術を受けた患者様の場合は24時間電話対応いたします。必要があれば診察・入院を指示させていただきます。

子宮頸部円錐切除術

子宮頸がんが強く疑われるときに行う手術です。
子宮頸部を円錐状に切除して診断や治療を行うものです。この手術は子宮頸部病変の広さや程度を正確に知るという診断的目的と、悪い部分を切除する治療的目的があります。

方法

全身麻酔や脊椎麻酔(下半身麻酔)を行います。
電気メスを使い子宮頸部を円錐状に切除します。病変部分を残さず切除することが大切です。 術後は電気で止血しますが、数日から1週間以上経過してから手術部位から再出血することがあります。その場合は、圧迫などを行い止血いたします。
切除した組織は、病理検査を行い、「癌かどうか?」「全て切除できたかどうか?」を調べます。 結果が問題無ければ、外来での経過観察を引き続き行っていきます。

妊娠と円錐切除

円錐切除術を行うのは診断的目的ももちろんありますが、最大の目的は「子宮機能を温存して治療をする」ということです。円錐切除後に子宮頸部の状態が落ち着けば、妊娠も可能です。しかし、妊娠に関連していくつかのリスクもあります。

  • 不妊症:子宮頸管粘液が不足することで、精子が子宮内に侵入しづらくなる可能性があります。検査の上、不妊症の可能性があれば、人工授精などの手段もありますので、ご相談ください。
  • 妊娠中:子宮頸部が短くなることで、切迫早産のリスクになる可能性があります。妊娠中は十分注意して経過観察します。