病院概要

TOP > 病院概要 > 分娩統計

自然分娩とは

 「私のお腹にやってきてくれた愛しい赤ちゃん」
どのように「とつきとおか」を赤ちゃんと過ごし、どのような「出産」で家族に赤ちゃんを迎え入れましょう?考えると胸が躍り、幸せで満たされます。

人生での大イベントである出産。
私たちは女性が主体的に産むことを考えて欲しいと願っています。
近年では、自然分娩、無痛分娩など様々な出産方法があります。
いずれの出産方法を選んでも、お母さんが選択をして自分らしく産むことが一番だと考えます。

そのために、妊娠したら、又は妊娠する前から自分に合った産院探しをすることをお勧めします。
ひとえに産院探しといっても、初めて出産される方にはピンとこないと思います。
ポイントとしては、
・安心して前向きに通院できるか。充実した妊娠期を過ごせるか。
・出産に関する方針が自分の思い描くものと一致しているか。
・妊娠期、分娩時に緊急事態があった場合、どのようなバックアップ体制があるか。
・入院中の環境やスタッフのフォローが満足できそうか。
・退院後、どこまでフォローしてもらえるか。母子に何かあった時すぐ相談できる安心を得られるか。
などが挙げられます。

産院の数だけ方針がありますので、ぜひ、「自分らしいすてきなお産」を見つけてください。

 以下、当院の方針を詳しく説明させていただきます。

当院では開院当初から自然分娩を掲げて参りました。出産方法の一つである自然分娩の素晴らしさをこの機会に知っていただければ幸いです。

 自然分娩とは、「医療介入を全くしない経膣分娩」「吸引、鉗子分娩も含める」「促進剤の使用までは含める」など諸説あり定義は決まっていません。
当院では、「不必要な医療介入をせず、妊婦さん・ご家族が満足できる分娩」と考えております。「不必要な医療介入」とは、病院都合の医療介入を行わないことです。病院の都合で人工的な陣痛を起こしたり、早く生まれるようにと全例に会陰切開を行ったり、医療処置が行いやすいように全員に分娩台での仰向けのお産を誘導するような方針はありません。具体的な企業努力の一つは、職員数や勤務時間に合わせて分娩時間をコントロールしないことへの対応ですが、当院のスタッフの数をご覧になれば納得いただけると思います。医師は24時間体制で待機し、これだけ多くの熟練された助産師がいる産院は他にないと自負しております。自然分娩を推奨するのに十分な体制を整えております。

自然分娩ができなかったら?

 では、必要だとしても、医療介入があった方は、当院の「自然分娩」の理想から外れるのでしょうか?
答えは「NO」です。
出産のときだけ「自然に産もう」と思っていても、なかなかうまくいかないものです。妊娠期は、お母さんと赤ちゃんの自然分娩への準備期間です。
「自然分娩に向けて、自分の出来る範囲で努力して、心と体を整えていく」
その過程こそが大切であり、その時に頑張ったという自信はその後の育児の大きな支えになるのだと思います。
ですから、妊娠や分娩中の過程で医療行為が必要となり、結果として、帝王切開や吸引・鉗子分娩になったとしても、やってきた努力が無駄になるわけではなく、自分や家族にとって大切な新しい命を守るために行ったものであると思っていただけるはずです。
当院は「痛いのが嫌だから無痛分娩希望」「予定があるから分娩日を決めたい」などの計画的な分娩をご希望の方には転院をお願いしております。

 大切なのは、「妊婦さん・ご家族が満足できる分娩」です。妊娠、出産で深い幸福感を得て、今後の子育てにプラスにして欲しい。そのために、ご自身の納得いく産院をお選びください。

私たちは、お母さんの自主性を支持し、母子の産み生まれる自然の力を最大限に引き出せるように寄り添い、お手伝いいたします。必要だと判断した時は、母児の安全を第一に考え医療介入を行います。

「安全な環境のもとで」という考え方

 また、当院での自然分娩の定義は「医療介入がなければよい」ではありません。ただ、妊娠・出産を自然に任せていたら助からない命があるのも事実です。ここ数十年の医療技術の発達により、周産期(妊娠28週以降)の死亡率は下がりましたが、それは、医療があるからこそ守られた命です。出産は自然の営みではありますが、生物にとっては今も昔も命がけの行為であることを考えると、必ずしも安全ではないことを私たちは重視せざるをえません。自然分娩だからこそ起こりうる「万が一」、「緊急」に対応できる施設・技術・マンパワーを整えて、患者様に安心を提供することが私たち医療者の責任です。
 では、「自然」と「安全」は相反するのでしょうか?当院では、自然分娩ができる方に対しては自然に見守る、母子に何らかの危険があると判断した時は、最も有効で負担の少ないことから補助していくことで、「自然」と「安全」の両立ができるのだと考えております。そのため、当院では危険予見能力を高め、緊急に対応できるバックアップ体制を整えています。このようなバックアップ体制を常に維持するのは、病院としては大きな負担ですが、当院の最大のポリシーである「安全な環境の下での自然分娩」のために譲れない一線であると考えております。
 「安全な環境」のために備えている当院の医療介入について、以下にまとめました。

医療介入について当院の考え方

*生命に関わる緊急時は説明の上で、患者さんに選択の余地がある場合は相談の上で処置を行います。

CTG(胎児心拍陣痛図)

お腹の上に分娩監視装置(円盤状の小さなモニター)をつけて、子宮収縮の状態と赤ちゃんの心拍数(元気かどうか)を見る検査です。妊婦さん・赤ちゃんにとって負担はなく、産科ではスタンダードな検査です。
赤ちゃんの元気さをみるため、入院時と分娩時には必ず行います。
余裕があれば、赤ちゃんの心音を聞いて、繋がりを感じてみてください。

浣腸

浣腸は必ず行うわけではありません。
腸と子宮は隣り合っているので、便秘で便が産道を圧迫していると赤ちゃんが下りてきづらくなると考えられます。また、浣腸で腸の動きが良くなると、子宮も刺激され陣痛が強くなる効果もあります。
排便を促して少しでも産道を広げたい時、腸からの刺激で子宮収縮を強めお産を進めたい時に行います。
予定日を過ぎた場合や、陣痛が弱い場合など、薬を使わない間接的な子宮収縮の誘発法です。

剃毛(陰毛を剃ること)

行いません。(帝王切開の場合を除く)

血管確保目的の点滴

急変時に備え、あらかじめ点滴し血管確保したまま分娩を行う施設が増えていますが、当院では原則行いません。
前回帝王切開の方、妊娠高血圧症候群の方など、リスクがある方のみ適用します。

子宮収縮剤

陣痛が弱く分娩が進まない場合(微弱陣痛,遷延分娩)、破水しても陣痛がなかなか起こらない場合(前期破水)、予定日を過ぎても陣痛が起こらない場合(過期妊娠)などは、胎盤の働きが衰え、赤ちゃんが苦しくなる可能性があります。そのため、薬剤を使用し、分娩を促す方法です。浣腸と併用する場合もあります。
 当院での分娩誘発や陣痛促進は、母児にとって利点があると考えられる医学的な必要性に基づいて行われるもので、病院や医師の都合で分娩誘発、陣痛促進をするものではありません。
使用の際は、子宮収縮剤による合併症(過強陣痛、子宮破裂)を防ぐために、輸液ポンプにより少量から点滴を開始し、胎児心拍陣痛図により母児の状態に合わせて、点滴速度を調整していきます。

会陰切開(膣と肛門の間を局所麻酔してはさみで切ること)

会陰は赤ちゃんが外に出てくるときの最後の難所になります。会陰は皮膚ですので、急には伸びません。会陰が切れにくい条件としては、妊娠期にオイルマッサージで会陰を柔らかくする(外来でご指導します)、分娩時に時間をかけゆっくりと広げる、赤ちゃんの頭が会陰を一気に通過しないよう誘導する、リラックスできる分娩体位であること(フリースタイル)などが挙げられます。
当院では、母子が安全な限り「待つお産」を行いますので、不必要な会陰切開は行いません。また、分娩中は助産師が会陰の保護に努めます。それでも自然に会陰が裂けることはあります。
会陰切開が必要になるのは、「自然に待つことが母子の状態にとって危険である」あるいは「自然裂傷の方が会陰切開よりも大きくなりそうだ」と判断した場合です。詳しくは分娩統計の会陰切開率をご覧ください。

吸引・鉗子(かんし)分娩

医学的に必要な時のみ行います。
吸引器や鉗子(金属の器具)を用いて、産道から赤ちゃんが出てくるのを手助けする方法です。赤ちゃんの苦しいサインが強いときや、妊娠高血圧症候群・前回帝王切開などの理由で母体の負担を一刻も早く軽減しないと危険な場合などが適応となります。

無痛分娩

 薬を用いて、出産に伴う痛みを軽減する方法です。最近では、痛いのが嫌だからという希望で選ばれることが多いのですが、医学的適応で行うこともあります。
 この医学的適応とは、痛みをとることで『経膣分娩』が可能になる場合に行うことです。具体的には、痛みにより血圧が上がる『妊娠高血圧症候群』や、痛みに耐えかね母体の体力が消耗して陣痛が弱まる『母体疲労』、痛みでパニックになりリラックスできず産道が広がらない『過緊張』などがあります。
 一般的な方法としては注射薬や硬膜外麻酔です。注射薬での鎮痛方法は簡単に行えることがメリットですが、硬膜外麻酔に比べて鎮痛効果が強くありません。硬膜外麻酔というのは、背中から細長い管を入れて、麻酔薬を注入し、腹部にだけ麻酔をかける方法です。近年では、無痛分娩の手段として硬膜外麻酔を用いることが多いようです。
 当院では、「自然分娩」の専門病院として、希望での無痛分娩は行っておりません。しかし、医学的適応がある場合には、麻酔科医の安全な管理のもと、無痛分娩を行います。

帝王切開

 開腹手術を行い、赤ちゃんを取り出す方法です。母体合併症や高齢出産に伴い帝王切開率は年々増加しています。帝王切開は開腹手術ですので、それに伴う合併症(出血多量、感染症、腸閉塞、血栓塞栓症による心肺停止など)がありますので、安易に行われるべきではないと考えておりますが、医学的適用のある方や緊急時には帝王切開を行います。
 予定帝王切開は、前回帝王切開や逆子などのリスクがあり帝王切開での分娩を希望される方や、前置胎盤などの場合に行います。また、分娩の進行中に母子の状態が悪くなった場合は、緊急で帝王切開に切り替えます。
 当院では、分娩室の隣に手術室を設け、迅速に帝王切開を行えるようにしております。また、手術の際の麻酔は可能な限り麻酔科医が行い、安全に管理いたします。

TOLAC(帝王切開後の経膣分娩)

 一度帝王切開をした方が経膣分娩にトライアルすることです。その結果、経膣分娩ができた場合VBACといいます。
 分娩経過中に過去に切開した部分から子宮破裂を起こすリスクがあるため、TOLACを試みる際は、緊急帝王切開を行える準備とスタッフを備えていなければなりません。
近年、日本ではリスク回避の流れ、産科医療のマンパワー不足、経営効率などの理由でTOLACを行う施設は激減しています。
 今回の妊娠に問題がなく、リスクをご理解いただいた上で自然分娩を希望される方に、TOLACに臨んでいただきます。TOLACの成功率は分娩統計をご覧ください。
*なお、当院で帝王切開を行った方のみTOLACをお受けします。他院で帝王切開された方はTOLACはお受けできませんが、帝王切開希望ならばお受けしております。

外回転術

 赤ちゃんの頭が母体の下向きが頭位(とうい)、横向きが横位(おうい)、上向きが骨盤位(こつばんい)で、頭位以外の状態を逆子(さかご)といいます。逆子は分娩時にリスクがあるため、帝王切開を適用する施設がほとんどです。
 当院では、28週の時点で逆子の場合には、鍼灸治療や逆子体操を指導します。
それでも戻らない場合は、希望者に医師がお腹の上から胎児をまわして直す、外回転術を行います。
外回転術の成功率は分娩統計をご覧ください。

逆子の経膣分娩

 2014年より、逆子の場合帝王切開の適応とさせていただいております。

新生児へのビタミンK2シロップの投与

 ビタミンKは、血液が凝固する際に不可欠なビタミンですが、母乳の中にはほとんど含まれず、赤ちゃんのビタミンKの欠乏による出血症を引き起こすことがあります。特に頭蓋内出血が起きてしまうと、その後に深刻な後遺症を残す場合があります。ビタミンKシロップの投与は、出血予防のために始められました。この予防的投与開始後は、ビタミンK欠乏による出血は明らかに減少しました。
赤ちゃんにとって明らかに有益性が高いので、当院では必ず行っております。

当院の特徴(新しい家族が心地よく迎えられるように取り組んでいること)

バースプラン

 皆さんがどのように妊娠に向き合い、どのような「素敵なお産」を思い描いているかを知るためのものです。バースプランは36週の健診で提出していただいております。提出時と入院時に、医師・助産師が目を通し、お母さんの満足のいくお産ができるよう参考にさせていただいております。

フリースタイル出産

 フリースタイル出産とは決められた呼吸法や姿勢に捕らわれることなく自由な姿勢で産む方法です。出産は人類が誕生してから今日まで行われてきた本能に基づく営みです。本能のままに身を委ねていると自然と体を起こしたり、横になったり、うずくまったりしたくなります。自由で楽であることで、母体の持つ「産む力」と赤ちゃんの「生まれる力」を発揮でき、自分が産んだという強い実感を持つことができます。これがその後の育児の絶対的な自信と母乳育児へのスムーズなスタートにつながるのです。
 当院では、母子ともに経過が順調であれば好きな姿勢での出産をサポートします。当院で御出産予定の方は、外来にある和室・LDR・アクティブバース室でのフリースタイル出産のイメージ写真を是非ご覧ください。

家族立ち会い分娩

新しい家族の誕生に立ち合いたい方、ご本人が一緒にいて心地よい方ならどなたでも立ち合うことができます。(お部屋の広さにより人数には制限があります。また、上のお子さんが立ち会う場合には、大人の方に付き添っていただきます。)
当院では分娩の立ち会いをされるご家族が多いのも特徴です。お母さんと一緒に出産に向き合い、新しい家族を迎えましょう。出産直後に赤ちゃんは元気な産声を聞かせてくれます。誕生の喜びと安心とで胸がいっぱいになることでしょう。

早期母子接触

出産直後、肌が直接触れ合うよう抱っこします。
 赤ちゃんは温かい羊水に守られていた所から一気に環境がかわり、変化に適応していかなければなりません。出生直後は、呼吸が上手にできない場合や低体温になりやすいなどの危険性もあるので、早期母子接触は事前に同意書をご記入いただき、医学的に問題ない場合に限らせていただきます。
 生まれてすぐの赤ちゃんは、お母さんの胸に抱かれると静かに泣きやみます。おなかの中で聞いていたお母さんの心臓の鼓動とお母さんの肌のぬくもりを感じ、安心するのでしょう。お母さんの語りかけに応えたり、顔を見ようと重たい頭を持ちあげたりもしますし、乳首を探して吸う行動も見られます。泣きやむことで呼吸や血液循環が安定し、赤ちゃんのストレスを軽減します。お母さんの体温で保温され、エネルギーの消費を抑えることもできます。
 お母さん自身も赤ちゃんのぬくもりを感じ、最高に幸せなひと時です。早期母子接触を行うと赤ちゃんの安らかな睡眠が著明に増加することが分かり、母性の形成にも有効だと言われています。

母子同室・家族の宿泊

 生まれたばかりの赤ちゃんには、その時にしか見ることが出来ない可愛さがあり、とても不思議な存在です。
 じーっと見ていると…静かに眠っていても、眉間にしわを寄せてシブ~イ顔をしたり、しゃっくりをしたり、うんちの時には手足をギュッと曲げていきんだり、くしゃみを連発したり、見ていて飽きない可愛い仕草をたくさんします。ついさっきまでお腹にいたのに、まるで様々な感情を知っているかのよう。そんな赤ちゃんと、生まれたその日から過ごしてみたいと思いませんか?赤ちゃんの生まれた日は、一生にその日しかない貴重な1日です。
出生後24時間は、同室の際にベビーセンス(無呼吸状態を感知するセンサー)を使用しています。
当院では出産当日から赤ちゃんと一緒に過ごすことができます。(もちろんお疲れになった時はお預かりします。)家族が宿泊できるお部屋もあるので、ご家族と一緒に赤ちゃんのお世話を始めましょう。おむつ交換や授乳など、スタッフと一緒に練習します。入院中に赤ちゃんと様々な体験をし、少しでも不安を減らしてお家に帰りましょう。そのため、当院で出産された方は、退院後、落ち着いて育児に入れる方が多いようです。
 上のお子さんの宿泊を可能にしているのも、赤ちゃんを自然に迎え、上の子が不安にならないように配慮しているからです。赤ちゃんのお世話をしつつ、上の子供の世話をする生活を入院中からお母さんや家族につかんでもらうことができます。

母乳育児

 母乳にはたくさんのメリットがあります。
赤ちゃんは、誕生した途端にたくさんの菌やウイルスにさらされますが、その菌から守ってくれる免疫が母乳(特に初乳といって、産後3~4日目までに出る母乳)には多く含まれています。中耳炎・気管支炎・肺炎・RSウイルスの感染を予防する効果が高いことや、予防接種を受ける際にも効果を高めてくれます。また、子供の長期的成長をみても、糖尿病や心筋梗塞・肥満の予防につながるという報告もあります。もちろん免疫だけでなく、赤ちゃんの成長に必要な栄養素、エネルギーもたくさん含まれています。
 お母さんにとってもメリットがあります。
授乳をすると、母乳を出そうとするホルモンの分泌が増え、そのホルモンが子宮の収縮も促し、産後の出血を止めます。また、乳がんの減少にもつながります。さらに、母乳でエネルギーを使うので、妊娠中の体重増加を戻します。
 また、授乳は最高のスキンシップです。小さな体で、たくましくおっぱいを飲む姿を見ていると、生命の神秘や力強さを感じます。赤ちゃんはお母さんの温もりを感じ、安心して眠りに就くのではないでしょうか。
 当院では母乳育児希望のお母さんたちに、助産師がちょっとしたコツをお伝えしながらサポートしていきます。高齢出産や、帝王切開になったとしても十分に母乳育児はできます。
 とはいっても、諸事情で母乳をあげられない方や、混合栄養を選択される方もいらっしゃることでしょう。その時は、しっかりと抱きしめ、語りかけることで十分に絆を深めることができますのでご安心ください。
 退院後も電話相談や母乳マッサージ外来のサポートを行っております。

ドライケア

 ドライケア(ドライテクニック)とは、生まれて数日の赤ちゃんをお風呂(沐浴)に入れないことで、赤ちゃんの肌を細菌や乾燥などから守ってあげることです。生まれて4~5日位までの赤ちゃんは発汗しないため、赤ちゃんをドライケアする(沐浴しない)利点が注目されるようになりました。また、お母さんの皮膚にいる常在細菌叢(善玉菌)を赤ちゃんに移行させる効果もあると言われています。
 当院ではドライケアを導入し、基本は退院日に沐浴を行っています。代謝が活発になる退院後は毎日沐浴してあげてください。

入院中・退院後のフォロー

 分娩を担当した助産師が入院中だけでなく、退院後の相談やケアの窓口となります。
退院後、赤ちゃんやおっぱいのことを誰に相談すればいいかわからないお母さんはたくさんいらっしゃいます。当院では出産したら終わりではなく、出産後も相談・フォローさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。

 

当院の方針や取り組み、ご理解いただけたでしょうか。

当院の理念と方針にご賛同いただき、当院を選ばれ、ご縁のできた方へ・・・
      「満足のいく素敵なお産」をサポートできるよう、これからも尽力していきます。

 

育良クリニック  スタッフ一同