病院概要

TOP > 育良クリニックについて > 理事長のメッセージ

理事長のメッセージ

理事長 浦野晴美当クリニック開設の際にモットーにした事の一つに
安全な環境のもとでの自然分娩≫があります。

お産というのは、極めて個人的なことであり、その人にとって『最も良いお産』と言うのは千差万別だと思います。特に産む人自身の意識が高まり、自分のやりたい事がはっきりしてきた時、それを実現しやすい産む場所選びはとても重要な事になるでしょう。最初から、安心を求めて、総合病院や大学病院での出産を希望することも一つの方法です。メリット・デメリットをふまえた上で、無痛分娩が出来る施設を選ぶ人もいるでしょう。出来るだけ家庭的にと自宅や助産院での出産を心に決めている方もいると思います。

 しかし、このホームページにいらしたということは「アットホームな環境の中が良いけれど、助産院や自宅で産むのはちょっと不安(もしくは家族に反対された)」とか、「前回の出産が帝王切開だったけど今度は自然に産みたい」とか、「万一、逆子でも予定の帝王切開をしない病院がいいな」とか、「お医者さんのいる安心感があって、しかもスタッフの顔が覚えられるぐらいのところがいいな」などの希望をもっておられるのではないでしょうか。『病院』と『助産院・自宅』とのちょうど中間点にあってどちらの良さも取り入れたいなと思ったのが、このクリニックの発想です。

 ご希望の方には和室でのお産、夫や子供の宿泊、母子同室というような自宅のエッセンスを持つこと、いざという時には吸引分娩や帝王切開もできるという病院のメリットを持つこと、この2つの安全性と人間性をバランスよく兼ね備えている施設でありたいと思っております。

 お産は自然な事ですが、その中に「いつ、誰が、異常に移行するかわからない」という危険性を含んでいます。

 当院では母児のもつ自然な娩出力を大切にしながらも、何割かにおこるドロップ=アウト(正常の過程から外れそうになったり、外れてしまった状態)の方に対しても、現代の医療技術を否定することなく、必要があればためらわず、それを駆使し、安全な分娩を成し遂げていくことを目標としています。そのため、妊娠、分娩、産褥の期間を通じて、客観的なリスクの査定を繰り返すことによって、安全性を確認していくことがとても大切です。『健診に通うこと』や『必要な検査を受けること』は、必要不可欠な要素です。『自分らしく産みたい』と思っている方、そのためにはまず話し合いをたくさん持ちましょう。『自分の体の状況は、自分の希望と大きくかけ離れていないか。』『妊娠中に希望とかけ離れている点はないか。』『トラブルを起こしにくくするためにはどんな努力が必要か。』そんな一つ一つの事を、自分自身の今ある家庭の状況と医学的なアドバイスの中で、折り合いをつけていけるようにがんばりましょう。 そして、健診の機会を通じて、妊婦さんと助産師さん・お医者さんではなく、○○さんと○○さんの関係をつくった上でお産に臨めるようにしたいと心から願っております。

医療法人社団 晴晃会 育良クリニック 理事長 浦野晴美