病院概要

TOP > 病院概要 > 患者様ご意見・アンケート回答
<<一覧に戻る

育良クリニックはとめどない愛溢れるプロフェッショナル集団です!!

育良クリニックとの出会いは子宮頸がんの検診でした。その時はこうしてここで出産させていただけるなんて夢のまた夢でした。「赤ちゃん元気ですよ!」とおっしゃって下さった初めてのエコー。涙が出ました。最後の小さな小卵胞を大切に育てていただいての妊娠でしたので、やっと安定期に入り夢の素敵なマタニティライフをおくれると思いきや20wで切迫との診断。毎週の通院以外は自宅安静に逆戻り。入院と何も準備できないまま迎えた出産でした。担当してくださった平屋さんはお若いのに堂々としており、安心してお産に望むことができました。バースプランもすべて叶えてくださり、仕事を理由に立会いを逃げ回る夫を何度も呼びに行って下さった後藤さん。ありがとうございました。おかげですべりこみセーフでアクティブバース室に入ってもらうことができました。立ち尽くしてドン引きしている夫に人柱を提案して居場所をつくってくださった中垣さん、感謝です。念願のマイプラセンタも食することができ、夫に臍の緒を切ってもらうことができました。ここまでがフルコースのフィニッシュだと思いましたが、甘かったです。・・・おっぱいでこんなに苦戦するとは・・・。出産前も心配だったおっぱい。晃義院長に「大丈夫、出る出る!」とおっしゃっていただきましたが、切迫だったこともありマッサージすることもできず。院長先生、確かに出ましたが吸ってもらえません!!出産後いきなりおっぱいが腫れてきて岩のように胸にはりつき、痛く熱くなり自分ではどうすることもできなくなりました。乳首もかたく、腺がつまっていて我が子にくわえさせてもギャン泣きして手足をのけぞって嫌がる・・・。助産師さんたちが3時間おきにマッサージに来てくれるのですが激痛過ぎて授乳の時間がくるのが怖かったです(笑)我が子に母乳を飲んでもらいたいけど激痛マッサージで柔らかくなった乳首なのに形がフィットしなくてギャン泣き。今度は心が激痛。「大丈夫。吸わせましょう。頑張りましょう」と山尾さんははげまして下さるけど自分のおっぱいのせいで授乳できないのが辛くて心が折れてしまい大の大人がギャン泣き。困らせてごめんなさい。でもあの日の励ましがあったから今我が子のおっぱいを吸う姿がみれるようになりました。ありがとうございました。ギャン泣きする我が子と会話しながら私の心にも会話してくださりおっぱいをはがしながら心のこりまでほぐしてくださった関さん。神です!吸えない母乳をひとしずく、ひとしずく静かに話を聞いてくださりながら哺乳瓶にためて心に寄り添ってくださった渡辺師長。感謝の思いでいっぱいです。「おっぱいも心も心配でこのまま退院させられない。あと2日あれば山を越えると思う。」とおっしゃってくれた中垣さん、信じられなかったけど本当でした。ありがとうございました。最終日のきっちり3時間おきのマッサージ。退院後も直接授乳をあきらめようとした弱い心を優しく厳しく導いてくださり我が子の可能性を引き出し信じてくださった岡谷さん。本当におっぱい職人です。神!感謝です。切迫入院の退院の時もお産の退院の時も素敵な笑顔で見送ってくださった池上さん。ありがとうございます。

母乳外来でお世話になっている廣野さん。家族のようにおっぱいやこころに寄り添って下さりおかげで片乳、ダメだと思った片乳とおっぱいを吸ってこくこくと母乳を吸う我が子を見ることができるようになりました。入院していたときには想像できなかった姿です。スタッフお1人お1人の想いとチカラのおかげです。本当に本当にありがとうございました。

「そろそろ卒業しても良さそうですよ」とおっしゃってくださいましたが卒業はしません。私達家族にとって育良クリニックは第2の我が家ですから!

出産の時に「3年間の不妊治療の集大成!さあ頑張ろう!」とお声掛けくださり、部屋で出産後すすりなく私に「人間の育児は動物みたいに簡単じゃないんだよなあ。」と背中をさすってくださった慈愛あふれる理事長。エコーに写る画像にかわいいねえと言ってくれた院長。そのリーダーシップに賛同するスタッフの皆様だから素晴らしいクリニックなのだと思います。周産期センターと育良クリニックと悩みましたが、結果育良でないと私達家族は今日を笑顔で迎えることができませんでした。本当に有難うございました。そしてこれからも宜しくお願いいたします。

これからもたくさんのママが育良クリニックで幸せになりますように!

psいろんな教室がありますがおっぱい教室。マジで大切です!(よけいなお世話でごめんなさい(笑))