患者様ご意見/アンケート回答

2017.12.26患者様ご意見

患者様からの出産感想文 2017.12月⑤

育良クリニックの皆様

今回の私の切迫早産入院→お産、そして産まれたばかりの子供が自力での呼吸困難と診断されたことによる他病院への搬送までの一連の出来事へのご対応心から感謝申し上げます。退院を迎えた今日、子供はまだ他院に入院中で少し寂しい気もしますが、今日までのことを振り返れば皆様の暖かいサポートのおかげで心を強く持つことが出来ました。今ではむしろ、子供のことについては「悪いところは全部診てもらって、退院後の生活を楽しもう」と思うようになっています。

元々、今回の出産も上の子と同様に、健診は育良で出産は沖縄への里帰りを予定していました。しかし頚管長が短くなっているために安静を言われたところ、仕事を無理して続けていたのがたたったのか32週目でこちらに入院、そのまま予定帝王切開手術日を迎えることになりました。それまでの5週間近く、上の子を里に預けていることの寂しさや自分の不甲斐なさなどが混ぜこぜになり精神的にも辛かったのですが、助産師の皆様の励ましやリネン類配膳などのお世話を下さる皆様の明るさ、そして理事長先生の回診時のとぼけた(?)一言に笑いつつ「今はお腹の子のことだけを考えよう」とポジティブ思考になりました。

それ以降も帝王切開術後、子供がNICUのある病院に搬送された時は頭が真っ白になりましたが、院長先生はじめ皆様がかけてくださった言葉のどれもが暖かく自分だけが子供のことを考えているわけではないことをひしと感じました。外出許可を得て子供に会いに行ったとき思った以上に元気そうな姿に涙が止まりませんでした。離れていても皆さんが見守っていてくださるような気がしたことを強く覚えています。

これから近く子供も退院し元気に健やかに育ってくれることと思います。母乳の出具合や添乳の仕方など気になること教わりたいこともまだまだありますので産後ケアにもお世話になる予定です。また今後も育良クリニックが我が子の「2番目のおうち」のような温かみのある場所であってほしいと願いつつ、次に皆様にお会いするときには子供と共にご挨拶したいです。この40日近く本当にお世話になりありがとうございました。

ikuryo shop 当院のグッズの販売も行っております。
RECRUIT 職員募集 募集要項はこちら
当院の分院のご紹介 医療法人社団 春晃会 武蔵小杉レディースクリニック